自宅でできる調理器具のメンテナンス

鍋の機能を最大限に生かす方法

素材によるお手入れ方法

鍋に使われている素材は本当に様々です。
フライパンにも用いられている鉄やアルミ、ステンレス、銅に加え土鍋やホーロー、耐熱ガラスで作られた鍋があります。
特徴も様々で、熱伝導の良さを求めるなら銅やアルミ、保温性ならホーローや鋳物、頑丈な鍋であればステンレスといった風に、作るお料理や生活スタイルによって選ぶのも一興です。
そして素材が違えばお手入れ方法も変わるので、長く気に入ったお鍋を使いたい場合は注意が必要なのです。
例えば、よく汚れを落とすために使う薬品として最近は重曹が注目されていますが、アルカリ性に弱いアルミニウム製の鍋には不向きです。
黒く変色させてしまうこともありますので、汚れを落とす際にはお酢など酸性の物を用いるようにする必要があります。

重曹で汚れ落としに向いているのは?

アルミニウム製のお鍋には重曹は不向きですが、他の素材ではしつこくこびりついた焦げをきれいに落としてくれる優れモノなのです。
特に、ステンレス製の鍋や土鍋などにはテキメンです。
鍋に水を張り、重曹を入れます。
目安は水200gに対して大匙1くらいです。
それを火にかけて10分ほど沸騰させた後、数時間おいて十分に冷まします。
この時、時間を置くことで焦げ付きが浮き上がり、落ちやすくなるわけです。
コーティングされているお鍋の中でもホーローには効果がありますが、フッ素樹脂加工の物の場合は塗装を劣化させてしまう可能性もあるので、避けた方が良いかもしれません。
重曹を使うのが好ましくない場合は、メラミンスポンジなどできれいに焦げ付きを落とすよう心がけておく様にしましょう。


TOPへ戻る