自宅でできる調理器具のメンテナンス

調理器具はメンテナンスが大切

包丁の素材

包丁の素材としては、大きく分けてハガネ、ステンレス、セラミックがあります。
ハガネとは、日本刀を作るのと同様の作り方をする、鉄に炭素が加わった合金です。
硬く鋭い切れ味のため、プロの料理人にも愛されています。
半面、錆びやすいため、お手入れや保管場所に留意する必要があります。
同じ合金でも、クロムを含有するものがステンレスで、刃の表面に酸化クロムの被膜を作るためさびにくく、管理しやすいというメリットがあります。
金属ではなく、陶器の一種であるセラミックでできた包丁は、金属アレルギーの方でも安心して使える包丁です。
食器と同様に中性洗剤で洗ったり、食洗器で洗うことができるものもありますが、生のかぼちゃなど、硬いものを切る場合は欠けてしまうということもあります。

素材別の研ぎ方

金属であるハガネ、ステンレス製の包丁は、一般的な砥石を使って研ぐことができます。
ステンレスは、研げないと言われることもありますが、正確には研ぐと現れる「バリ」と呼ばれる金属の削りカスの様なものが細かく、わかりづらいということの様です。
砥石には目の粗い「荒砥」、細かい「仕上げ砥」その中間の「中砥」があり、よほどの刃こぼれがない限りは「中砥」と「仕上げ砥」で事足ります。
一方の刃を砥石で研ぐと、反対面の方に「バリ」が盛り上がってきます。
包丁を返し、反対の面を軽く研ぎ、「バリ」を取り除きます。
「中砥」→「仕上げ砥」と同じことを行います。
セラミックの場合、ほとんど研ぐことはありませんが、研ぐことはできます。
硬度が高い為、一般的な砥石では研げませんのでダイヤモンド砥石を使います。


TOPへ戻る