自宅でできる調理器具のメンテナンス

自分でもできる調理器具のメンテナンス方法

おすすめlink

業務用超音波洗浄機の威力

業務用の超音波洗浄機ってどれくらいの威力がある?その威力があればどんなことが出来るの?

調理器具はメンテナンスが大切

一般家庭の包丁の8割くらいは切れ味が悪いそうです。 切れ味が悪いと、例えば玉ねぎをみじん切りにする時に非常に難儀します。 切れない刃で繊維をつぶしながら切り刻んでいるので、余計ににじみ出る水分に目や鼻を刺激する硫化アリルという成分が出るため、涙が止まらなくなるといったことが起こるのです。

切れ味をキープする方法

切れ味の悪い包丁で切った食材は切り口がざらざらしてしまったりして、口にした時の舌触りが悪く、魅力を半減してしまいます。
滑りの悪いフライパンも同様です。
きれいな焼き色を付けたいのにくっついてしまって、焼き色どころか表面の仕上がりが醜くなってしまい、見た目も「おいしそう!」と食欲をそそることができない、残念な結果になりかねません。
それだけでなく調理しているときも、スムーズに作業が進まない、思ったような仕上がりにならないということは、ストレスにもなります。
料理が楽しくできないと、料理が嫌いになってしまうことにもつながります。
料理を楽しく、美味しく仕上げるためには、日々から使っている調理器具はベストな状態に整えておくことが大切なのです。

調理器具の劣化は、いきなり起こるわけではありません。
食材を切れば刃の部分が丸まっていきますので、切れ味が鈍ります。
またフライパンや鍋は、素材に合った手順で洗ったり、しっかりふき取るということを怠ると、焦げ付きやすくなったり錆が出てしまったりします。
内側だけでなく、火や熱を受ける外側についても同様です。
汚れが取れていないと熱が均等に回らなくなり、折角熱伝導の良い素材も、宝の持ち腐れになってしまいます。
包丁であれば、研ぐ、鍋やフライパンであれば、汚れをきれいに落とすということが大切になります。
素材によってお手入れも様々なので、それぞれ具体的な方法について見ていきます。

焦げ付かないフライパン

フライパンで調理する時、一番厄介なのは、焼き面に食材がくっついてしまうことです。 焼き色どころか、味だけでなく見た目も残念な料理になってしまいます。 焼き面をきれいに洗おうと気を付けている方は多いかもしれませんが、実は外側の面もきれいにしておかないと熱伝導に支障が出てしまうのです。

鍋の機能を最大限に生かす方法

パスタをゆでたり、シチューやカレーを煮込んだり、スープを作ったりと加熱調理で必ずと言っていいほど活躍するのがお鍋です。 大きさが様々だし、素材も多種あります。 内側だけでなく外側もきれいにしておくのはフライパンと一緒です。 その中でもお鍋は特に素材がいくつもあり、素材によってお手入れ方法が変わります。

TOPへ